サイバーレジリエンスとは?|重要性や実践手順を解説

メインメニューショートカット 本文のショートカット
Login
  • StealthMoleとは
  • 機能・特徴
  • 価格
  • Blog
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • Blog

    View
    サイバーレジリエンスとは?|重要性や実践手順を解説
    作成日時 24/04/09 (09:40) View 340




    サイバーセキュリティは今や多くの企業にとって切実な課題となっています。しかし、多くの組織が見落としているのが、「サイバーレジリエンス」という概念です。サイバー攻撃を完全に防ぐことは不可能に近い現代において、いかに迅速に回復し、事業を継続させるかが企業の存続に直結しています。

     

    本記事では、サイバーレジリエンスの真の意義を掘り下げ、なぜこれが今のビジネス環境において不可欠であるのかを明らかにします。サイバー攻撃から企業を守り、事業を持続させるための知識と戦略を、この記事で解き明かしていきましょう。

     

    サイバーレジリエンスとは

    サイバーレジリエンスは、サイバーセキュリティの脅威やインシデントに対して、企業がどのように効果的に対応し、事業の継続性を保ちながらリスクを最小限に抑えるかという能力を指します。単に攻撃を防ぐだけではなく、攻撃が発生した際にも迅速に事業活動を回復させられる能力を含むのです。そのため、サイバーレジリエンスは、テクノロジー、プロセス、および人的要素を包括的に統合したアプローチが必要とされます。

    重要な理由

    サイバーレジリエンスが重要とされる理由は複数あります。まずサイバー攻撃の手法は日々進化し、より巧妙かつ複雑化しているため、完璧に防ぐことはほぼ困難なためです。現代のサイバー対策においては、攻撃を受ける前提での対策が欠かせません。

     

    また、サイバー攻撃の影響は事業の中断に直結する可能性があります。サイバーレジリエンスを高めることで、攻撃によるダウンタイムを最小限に抑え、事業活動の継続を保証することが可能になります。

     

    信頼性と評判の保持も重要な理由です。サイバー攻撃による顧客データの漏えいは、企業の信頼性や評判に大きなダメージを与えます。サイバーレジリエンスに取り組めば、このようなリスクを軽減し、顧客の信頼を維持することが可能です。

     

     

    サイバーレジリエンスとサイバーセキュリティの違い

    サイバーレジリエンスとサイバーセキュリティは、しばしば混同されることがありますが、これらは重要な違いがあります。サイバーセキュリティは、サイバー攻撃やデータ漏えいなどを予防し、機密情報を保護するための対策です。攻撃を阻止し、セキュリティ侵害を「未然」に防ぐことに重点を置いています。

     

    一方で、サイバーレジリエンスはより包括的な概念であり、サイバー攻撃やデータ漏えいが発生した場合でも、企業がその影響を最小限に抑え、迅速に業務を回復し続けられる能力を指します。攻撃が発生した場合に事業の継続性を保ち、影響を管理する能力に焦点を当てているのです。サイバーレジリエンスは、攻撃からの回復力と事業継続計画を中心に据え、組織の耐久性を高めることを目的としています。

     

    このように、サイバーセキュリティとサイバーレジリエンスは補完関係にあります。セキュリティ対策が強固であっても、100%の防御は不可能です。だからこそ、攻撃を受けた場合にも事業を継続し、迅速に正常な状態に戻すためのサイバーレジリエンスの必要性が増しています。

     

     

    サイバーレジリエンスの重要要素

    サイバーレジリエンスは、インシデント対応、事業継続、リスク管理、ダークウェブ監視という4つの主要な要素に分けることができます。以下で、これらの要素の詳細とその重要性について掘り下げていきます。

     

    インシデント対応

    インシデント対応は、サイバー攻撃やその他のセキュリティ関連イベントが発生した際の企業の対応能力を指します。効果的なインシデント対応プロセスを構築し、攻撃の影響を最小限に抑え、迅速な回復を実現し、将来的な脅威に対する準備を強化することを目的としています。

     

    事業継続

    事業継続計画(BCP)は、サイバー攻撃、自然災害、その他の予期せぬ事態が発生した場合に、企業がその重要業務を中断することなく継続できるようにするための戦略です。この計画は、リスク評価を基にして策定され、事業活動の優先順位を明確にし、必要なリソースの割り当て、バックアップシステムの確保、従業員の役割と責任の明確化などを含みます。

     

    リスク管理

    リスク管理プロセスは、サイバー脅威の特定、評価、軽減を目的とします。企業が直面する可能性のある脅威の識別、それらの脅威に対する組織の脆弱性の評価、そして適切なセキュリティ対策の選定と実施が含まれます。リスク管理は、企業がサイバー脅威に効果的に対応し、セキュリティの盲点を最小限に抑えるために不可欠です。

     

    ダークウェブ監視

    ダークウェブ監視は、サイバー犯罪者が活動する隠れたオンライン空間を監視し、自社に関連する機密情報が不正に取引されていないかを確認するプロセスです。ダークウェブ上での不審な活動やデータ漏えいを早期に発見することは、企業は迅速に対応計画を実行し、リスクを減らせるようになります。また、ダークウェブから得られる情報は、脅威インテリジェンスのデータとなり、企業のセキュリティ対策を強化するのに役立ちます。

     

    ダークウェブとは?歴史やアクセスの方法、企業の活用方法を解説

     

     

    サイバーレジリエンスの実装手順

    ここでは、サイバーレジリエンスの具体的な実装手順を解説します。

     

    1. リスク評価:脅威の特定と評価

    サイバーレジリエンスの第一歩は、企業が直面する可能性のあるサイバー攻撃のリスクを包括的に評価することです。過去に発生したインシデントの分析、業界内の脅威動向の追跡、そして企業内部のセキュリティ脆弱性の特定が重要となります。

     

    また、外部の専門家による監査や従業員によるフィードバックの活用も有効です。リスク評価の目的は、リスクを正確に特定し、それに基づいて対策を計画することにあります。

     

    2. インシデント対応計画の策定:攻撃への備え

    サイバー攻撃が発生した場合に備えて、詳細かつ実行可能なインシデント対応計画を策定します。攻撃の種類ごとの対応プロセス、通報ルート、復旧手順などを文書化し、全社員が理解しやすい形で共有しましょう。特に重要なのは、各部門やスタッフの役割と責任を明確にし、迅速かつ効果的な対応ができる体制を整えることです。

     

    3. セキュリティシステムの見直しと導入:防御体制の強化

    既存のセキュリティシステムを徹底的に見直し、最新の脅威に対応するための新しい技術やソリューションを導入します。これには、ファイアウォール、侵入検知システム、暗号化技術の更新、エンドポイント保護の強化などが含まれます。また、従業員が使用するデバイスやアプリケーションのセキュリティ対策も重要です。

     

    4. 従業員トレーニング:意識とスキルの向上

    サイバーレジリエンスの成功は、従業員の意識と行動に大きく左右されます。そのため、従業員を対象とした定期的なセキュリティトレーニングや意識向上プログラムを実施することが不可欠です。トレーニング内容は、サイバーセキュリティの基本原則から、特定の脅威への対応策、個人データの取り扱い方針など、幅広くカバーしましょう。

     

    5. 定期評価と改善:サイバーレジリエンスの持続的強化

    最後に、実装されたサイバーレジリエンス戦略を定期的に評価し、その効果を測定して、必要に応じて改善します。実施されたトレーニングの効果測定、セキュリティシステムの性能評価、新たな脅威や技術の出現に対する準備の見直しなどを行います。

     

    継続的な評価と改善は、常に変化するサイバー環境に対応し、企業のレジリエンスを維持、強化するために不可欠です。

     

     

    サイバーレジリエンスに関するよくあるQ&A

    最後に、サイバーレジリエンスに関するよくある質問と回答を見ていきましょう。

     

    Q1: サイバーレジリエンスとは何ですか?

    A: サイバーレジリエンスとは、サイバー攻撃やその他のデジタル脅威から自社を保護し、攻撃が発生した場合でも事業の継続性を確保して、迅速に正常な運営状態に復帰する能力のことを指します。予防、検出、対応、回復の各段階が含まれます。

     

    Q2: サイバーレジリエンスの重要性は何ですか?

    A: デジタル技術の進展に伴い、サイバー攻撃の頻度と複雑性が増加しています。サイバーレジリエンスは、こうした攻撃による損失を最小限に抑え、事業の継続性を保つために不可欠です。攻撃からの迅速な回復は、顧客の信頼を維持し、企業の評判を保護する上でも重要です。

     

    Q3: サイバーレジリエンスを実装するための最初のステップは何ですか?

    A: 最初のステップは、組織の現在のセキュリティ状況を理解することです。リスク評価の実施、脆弱性の特定、既存のセキュリティ対策の評価が含まれます。これに基づいて、組織固有のニーズに合わせたサイバーレジリエンス戦略を策定します。

     

    Q4: サイバーレジリエンスとサイバーセキュリティの違いは何ですか?

    A: サイバーセキュリティは、攻撃を防ぐための技術やプロセスに重点を置いています。一方で、サイバーレジリエンスは、攻撃の予防だけでなく、攻撃が成功した場合のダメージの最小化、迅速な回復、事業の継続性の確保に焦点を当てています。

     

    Q5: サイバーレジリエンス戦略には何が含まれますか?

    A: サイバーレジリエンス戦略には、リスク管理、インシデント対応計画、継続的なセキュリティ評価、従業員教育、技術的対策などが含まれます。これらの要素は組み合わされ、組織の特定のニーズとリスクプロファイルに基づいてカスタマイズされる必要があります。

     

     

    まとめ

    現代のビジネス環境では、サイバー攻撃を完全に阻止することは極めて困難です。そのため、サイバー攻撃による影響を最小限に抑えるための対策が不可欠となります。サイバーレジリエンスの導入により、企業は攻撃からの保護はもちろん、万一の事態に迅速に対応し、事業活動を素早く再開できるようになり、結果的に損害を最小化することが可能になります。

     

    サイバーレジリエンスには多岐にわたる構成要素がありますが、特に注目すべきはダークウェブの監視です。サイバー犯罪者は盗んだ機密情報をダークウェブで売買することがあります。ダークウェブを監視することで、自社の情報が流出しているかどうかを迅速に把握し、それに対する対応を速やかに行うことができます。

     

    私たちは、お客様がダークウェブにおける自社情報の流通状況を把握し、サイバー攻撃の被害者になっていないかを確認するためのダークウェブ調査ツールを提供しています。この調査を通じて、リスクを未然に防ぎ、サイバーレジリエンスの強化を図ることができます。是非、この機会に弊社のダークウェブ調査ツールを無料でお試しください。



    無料アカウントを登録して試してみましょう!
    ステルスモールは申し込み後すぐに試用が可能です。