サイバーセキュリティ担当者必見!脅威検知ツール完全ガイド

メインメニューショートカット 本文のショートカット
Login
  • StealthMoleとは
  • 機能・特徴
  • 価格
  • Blog
  • FAQ
  • お問い合わせ
  • Blog

    View
    サイバーセキュリティ担当者必見!脅威検知ツール完全ガイド
    作成日時 24/01/30 (08:32) View 360




    デジタル経済の加速により、企業のセキュリティ対策はより複雑かつ緊急な課題となっています。サイバー攻撃の手法は日々進化し、これに対抗するためのツールもまた発展を続けています。特に、「脅威検知ツール」はその先端を行くテクノロジーの一つであり、企業が自らのデジタル資産を守る上で重要な要素です。

     

    脅威検知ツールは、サイバーセキュリティ対策の一環として組織のネットワークやシステム内で不審な活動や潜在的な脅威をリアルタイムで監視し、識別するためのソフトウェアやサービスです。

     

    脅威検知ツールにはいくつかの種類があるため、自社に必要なのかと疑問に思う方もいるでしょう。そこで本記事では、サイバーセキュリティ担当者の方に向けて脅威検知ツールの重要性や種類、選定ポイントなどをご紹介します。

    脅威検知とは

    脅威検知とは、コンピュータやネットワークに不正にアクセスしようとする試みを見つけ出し、報告することです。脅威検知ツールは、会社や個人の大切な情報が盗まれたり、コンピュータがウイルスに感染したりするのを防ぐために、常に監視を行います。

     

    たとえば、誰かが許可されていない行動をしようとすると、脅威検知システムがそれをキャッチして、セキュリティチームに警告を出します。これによって、セキュリティチームは迅速に問題に対処し、情報を守ることが可能です。


    脅威検知の重要性

    脅威検知が重要な理由は、現代のビジネスや日常生活で情報技術が中心的な役割を果たすようになり、それに伴いサイバー攻撃が増加し続けているためです。サイバー攻撃はより複雑で洗練され、しばしば組織的かつ資金を伴って行われます。これらの攻撃は、個人のプライバシーや企業の機密情報を侵害する可能性があり、場合によっては重大な経済的損害や社会的な混乱を引き起こすこともあります​​。

     

    たとえば、2021年には、世界最大の肉加工会社の一つであるJBSランサムウェア攻撃を受け、1100万ドルを支払うという事態になりました。このように、企業はサイバー攻撃から自身を守るために莫大なコストを払うことがあるため、予防的なセキュリティ対策が極めて重要になります。

     

    さらに、脅威検知ツールは企業がサイバー攻撃を予防するために有効なデータを提供します。ツールは、攻撃者の動機や手法を明らかにし、セキュリティチームが未知の脅威に対してより良い判断を下し、迅速かつ効果的に対応するための情報を提供するのです。


    つまり、脅威検知ツールは、サイバー攻撃のリスクを早期に特定し、攻撃が成功する前に適切な対策を講じることで、重大な影響を防ぐことができるのです。

    仕組み

    脅威検知ツールの仕組みは、大きく3つのステップに分けることができます。

     

    1. データ収集と分析

    まず脅威検知ツールは、ネットワークトラフィック、アプリケーションのログ、システムの変更など、さまざまな情報源からデータを収集します。このデータは、不審な動きやパターンを探すために分析されます。

     

    1. 異常検知とアラートシステム

    収集されたデータを基に、ツールは不審なアクティビティや既知の脅威の兆候を検出します。たとえば、通常とは異なる時間に大量のデータが外部に送信されたり、未承認のアプリケーションがシステムにインストールされたりすると、これらは脅威の兆候と見なされます。異常が検出されると、システムはアラートを発し、セキュリティチームに通知します。

     

    1. 自動化と人間による介入のバランス

    脅威検知ツールは多くの場合、一定の対応を自動で行います。たとえば、不正なアクセスを試みるIPアドレスを自動的にブロックするなど。しかし、全ての警告が実際の脅威を意味するわけではないため、専門家による分析が必要です。セキュリティチームはアラートを評価し、必要に応じて追加の調査や対策を行います。


    脅威検知ツールの種類と機能

    脅威検知ツールには主に以下4種類があります。

     

       ネットワークベース

       エンドポイントベース

       クラウドベース

       統合脅威管理(UTM)システム

     

    ここからは、各ツールの詳細を見ていきましょう。


    ネットワークベースの脅威検知

    ネットワークベースの脅威検知ツールは、会社のネットワークを流れる情報を監視して、異常な動きや攻撃のサインを探します。たとえば、普段使われないパスワードの試行や、通常は通信しない外部サーバーとの通信などです。

    また、攻撃者がシステムに侵入しようとしているのを検出するために、インターネットのトラフィックをリアルタイムでチェックします。


    エンドポイントベースの脅威検知

    エンドポイントとは、個々のデバイス、つまり従業員が使用するラップトップやスマートフォンなどを指します。

    エンドポイントベースの脅威検知ツールは、それぞれのデバイスにインストールされ、マルウェアの感染やデバイスの異常な挙動を監視します。

    デバイスが怪しい動きをした場合には、セキュリティチームに警告を出して、問題が広がる前に対処できるようにします。


    クラウドベースの脅威検知

    今日の多くの企業はクラウドサービスを使っていて、データやアプリケーションをインターネット上のサーバーで管理しています。

    クラウドベースの脅威検知ツールは、これらのクラウド環境を監視し、不正なアクセスやデータの不審な移動を見つけ出すのに特化しています。


    統合脅威管理(UTM)システム

    統合脅威管理(UTM)システムは、ファイアウォールやウイルス対策など、いくつかの異なるセキュリティツールを一つのパッケージにまとめたものです。

    これにより、セキュリティの管理がずっと簡単になり、一つのシステムで多方面からの脅威に対処することができます。



    脅威検知ツールの選定基準

    自社に最適な脅威検知ツールを選定する際に考慮すべきポイントはいくつかあります。以下に専門家の視点から分かりやすく説明します。

    検知率と誤検知率

    脅威検知ツールを選定する際、検知率と誤検知率を確認しましょう。検知率が高ければ、ツールが広範な脅威を正確に識別できる能力を示し、セキュリティチームがサイバー攻撃を素早く特定し、適切に対応できるようにするために不可欠です。

    一方で、誤検知率が低いことは、正常な行動が誤って脅威として報告されることを防ぎ、セキュリティチームが実際には無害なアラートに時間を浪費することを防ぎます。

     

    検知率と誤検知率のバランスが取れていると、チームは過剰なアラートによって生じる可能性のある「狼少年効果」を避けつつ、組織の防御体制を実質的に強化できます。


    スケーラビリティと柔軟性

    スケーラビリティ(拡張性)と柔軟性が重要な理由は、脅威検知ツールの長期的な価値と効果性を決定づけるからです。

    スケーラビリティはツールが組織の成長や拡大、データ量の増加に対応できる能力を意味し、将来のニーズに合わせてシステムを拡張する柔軟性を持つことで、長期にわたってセキュリティ投資の価値を保つことができます。

     

    また、柔軟性があれば新しい脅威や変化するビジネス要件に迅速に対応し、最新のセキュリティ対策を継続的に適用できるため、脅威の進化に対して常に一歩先を行く防御を維持できるのです。


    操作性

    使いやすさが脅威検知ツールにおいて重要な理由は、直感的な操作性がセキュリティチームの効率と効果性を向上させるためです。

    使いやすいツールは、研修コストを削減し、日々の監視やインシデントへの対応を迅速化します。また、操作の複雑さが減少することで、誤操作のリスクを低減し、セキュリティインシデントが発生した際には迅速かつ正確な対応が可能になります。

     

    ユーザーフレンドリーなインターフェースは、セキュリティチームが脅威検知ツールを最大限に活用するための鍵となり、その結果、組織全体のセキュリティ体制の強化に貢献します。



    脅威検知のトレンド

    脅威検知のトレンドとして、以下3つを理解しておきましょう。

     

       AIと機械学習の応用

       プライバシーと法規制の影響

       継続的なリスク評価と対応策

     

    ここからは、それぞれのトレンドについて解説します。


    AIと機械学習の応用

    AIと機械学習を活用することは、コンピュータが膨大なデータを分析し、人間が気づかないような微妙な異常やパターンを発見できるようにすることを意味します。AI技術は、特に複雑なサイバー攻撃を検出するのに有効で、それによって攻撃を早期に阻止することが可能になります


    プライバシーと法規制の影響

    プライバシーと法規制は、企業がどのように個人データを扱い、保護するかに大きな影響を与えています。

    たとえば、EUの一般データ保護規則(GDPR)のような法律は、企業に対し、顧客のデータを安全に管理し、流出した場合には速やかに報告することを義務付けています。これに違反すると重い罰金が科せられることもあります​​。


    継続的なリスク評価と対応策

    継続的なリスク評価と対応策に関しては、企業がリスクを継続的に監視し、そのリスクに合わせてセキュリティポリシーを更新することが不可欠です。このアプローチにより、新しい脅威が現れたときに迅速に対応し、セキュリティの隙を最小限に抑えることができます​。



    まとめ

    脅威検知ツールは、組織内の不審な動きや潜在的なリスクを監視し、識別するソフトウェアやサービスです。現代のサイバー攻撃の増加により、これらのツールは企業の情報を守るための必須の防衛策となっています。脅威検知ツールの種類にはネットワークベース、エンドポイントベース、クラウドベース、統合脅威管理(UTM)システムがあり、検知率・誤検知率、スケーラビリティ・柔軟性、操作性を考慮して適切なツールを選定する必要があります。

     

    日進月歩でサイバー攻撃の進化が進む現代においては、サイバー攻撃の被害にあうことを前提にした対策が欠かせません。StealthMole(ステルスモール)は、ダークウェブとディープウェブの脅威インテリジェンスに特化したSaaSタイプのサービスです。

     

    機密情報やサイバー攻撃の売買などが盛んなダークウェブを監視し、企業活動の脅威となる情報を収集し、AIや情報セキュリティの専門家が分析します。7日間のフリートライアルもご用意していますので、「自社の流出状況は大丈夫だろうか?」と不安になられたら、下記ページよりお申し込みください。


    無料アカウントを登録して試してみましょう!
    ステルスモールは申し込み後すぐに試用が可能です。